包茎遺伝

 

包茎は遺伝でなるの?

 

 

 

包茎は遺伝だから仕方がない事と思っている方が非常に多いのですが、親が包茎だからその子供も包茎と言う事はありませんし、その逆も然りです

 

遺伝は関係ないので、親が包茎ではないのに子である自分は仮性包茎と言う事はよくある事です。

 

日本人男性の半数以上が何らかの包茎ですが、温泉などへ行っても包茎の男性を見ないのはそういったところへ来る男性の多くが包茎治療を済ませているからです。

 

見た目からは包茎と分からないのであれば治療を受ける必要もないでしょうが、どんなタイプの包茎であっても見た目で分かってしまいます。

 

軽めの包茎である仮性包茎であっても見た目で包茎である事が分かってしまいます。

 

亀頭が皮の中に埋もれてしまっているので、サイズも小さく見えてしまいますしどこか黒ずんでみえるのが仮性包茎の特徴です。

 

露茎の場合亀頭が常に皮から出ている状態ですから、サイズも大きく見えますし黒ずんで見える事もありません。

 

温泉など他人の男性器が見えるところへ行って初めて自分の男性器が人とは違うものだと気付く方も多く、気付いた方のほとんどが治療を受けています。

 

包茎治療は未成年でも受ける事が出来ますが、親の承諾が必要になります。

 

親に相談するのは恥ずかしい事かもしれませんが、同性である父親に相談するという手段があります。

 

男性同士であればあまり恥ずかしがる必要もありませんし、包茎治療と言う治療自体恥ずかしがって受ける治療ではありません。

 

そのままにしておいてもメリットはありませんし、雑菌が繁殖して性病を発症してしまう事も考えられるのです。

 

見た目が悪いから、かっこ付かないからという理由ではなくそういった事を心配して治療を受ける未成年の男性も多いですし、そういった事を心配した親御さんが子供に包茎治療を受けるよう勧める事もあるのです。

 

どうして包茎になってしまうのか?どのように治療を行なうのか?などこういった事や治療について話を聞いてみたい場合は包茎クリニックで無料カウンセリングを受けるのがベストな選択です。

 

 

無料カウンセリングはここから